12月15日(火)21:00〜 爆クラin DOMMUNE​<第90夜>「岩井俊二による、映画音楽としてのクラシック」ゲスト:岩井俊二

​2020年12月15日(火)21:00〜

爆クラin DOMMUNE​<第90夜>「岩井俊二による、映画音楽としてのクラシック」

出演:岩井俊二(映画監督)、湯山玲子(主宰・ナビゲーター)

クラシック音楽の新しい聴き方を提案する、ポストクラブ時代のトーク&リスニングイベント「爆クラ」は、世界一のライブストリーミングスタジオ、DOMMUNEと組んで、ほぼ月一回、皆様にプログラムをお届けしています。


さて、いろいろあった2020年のラストとなる12月15日(火)は、映画監督の岩井俊二さんをゲストにお呼びします。実は監督の登場はこれで2回目。前回は、岩井俊二さんを形作ったクラシック音楽をたどっていきましたが、今回はズバリ「映画と音楽」がテーマです。

現在、先行予約を受付中です。 ​三密を防ぐための限定席となっています。 お問い合わせフォームより、爆クラ<第90夜>のチケットご購入の旨とご希望枚数をご記入いただき、送信してください。 受付完了の返信メールをもって、チケットに代えさせていただきます。 ​当日は会場受付にメールをお見せいただき、現金にてご精算ください。


お申し込みはコチラから

https://www.bakucla.com/nextevent/


視聴はコチラから

https://www.dommune.com


インターFMの「バラカ

「夕暮れの学校の音楽室から聞こえてくるピアノの音」のような、音響も含めた類まれな音楽センスが光る岩井作品。また、劇中で登場するバンドやアーティストが、現実の表現になって世に出ていくなどの、虚実ないまぜとなった音楽世界を作り上げていたりもします。


また、最近ではほとんどの作品の音楽制作は監督自身。「ヘクとパスカル」、「ikire」などのユニットを作って活動しているので、もう、肩書きの一つはれっきとした音楽家なのです。


クラシック音楽と映画は非常に関係が深く、ナチスドイツに追われてアメリカに渡り、その才能を映画音楽方面に花開かせ、後進に影響を与えた、コルンゴルドを初め、現代音楽作曲家においては、まさにこの分野が大衆との接点。キューブリックとペンデレツキ、篠田正浩、勅使河原宏と武満徹、「スターウォーズ」とジョン・ウィリアムスなどの映画×音楽の分析、見立てはもとより、「この曲なら、私はこういう映像イメージが湧く」といった、クラシックPV案をご提案いただく所存です。


今回のDJタイムは、何と岩井俊二さん。クラシックを中心に、ご自身の楽曲などを本人のギターフィーチャーでお届けします。


今回も少人数ながら、ライブ鑑賞が可能です。 感染対策を充分に取った上で、自粛疲れを最高の音響とトークで洗い流しましょう。

■ゲスト:岩井俊二(いわいしゅんじ)

1963年生まれ、宮城県出身。『Love Letter』(1995年)で長編映画監督デビュー。映画監督・小説家・音楽家など活動は多彩。代表作は、映画『スワロウテイル』『リリイ・シュシュのすべて』『リップヴァンウィンクルの花嫁』、小説『ウォーレスの人魚』『番犬は庭を守る』など多数。映画『New York, I Love You』『ヴァンパイア』で活動を海外にも広げる。東日本大震災の復興支援ソング『花は咲く』では作詞を手がけ、「ヘクとパスカル」や「ikire」などのユニットで音楽活動も行なっている。2015年には『花とアリス殺人事件』で初の長編アニメ作品を制作し、国内外で高い評価を得る。2018年、小説『ラストレター』を原作にした初の中国映画『你好,之華(チィファの手紙)』が中国全土で公開。2020年1月に、同原作の映画『ラストレター』を公開。7月、緊急事態宣言中に撮影されたリモート作品『8日で死んだ怪獣の12日の物語』が公開。9月より『チィファの手紙』が日本公開された。

■主宰・ナビゲーター:湯山玲子(ゆやまれいこ)

学習院大学法学部卒。著述家、プロデューサー。

著作に『女ひとり寿司』(幻冬舎文庫)、『クラブカルチャー!』(毎日新聞出版局)、『女装する女』(新潮新書)、『四十路越え!』(角川文庫)、上野千鶴子との対談集『快楽上等! 3.11以降の生き方』(幻冬舎)。『文化系女子という生き方』(大和書房)、『男をこじらせる前に』(角川文庫)等。NHK『ごごナマ』レギュラー、TBS『新・情報7DAYS ニュースキャスター』等に出演。

自らが寿司を握るパフォーマンス<美人寿司>、クラシック音楽の新しい聴き方を提案する<爆クラ>主宰。ショップチャンネルのファッションブランド<OJOU>のデザイナー・プロデューサーとしても活動中。日本大学藝術学部文芸学科非常勤講師。東京家政大学非常勤講師。名古屋芸術大学特別客員教授。(有)ホウ71取締役。父は作曲家の湯山昭。

12月15日(火)

21:00〜

爆クラin DOMMUNE<第90夜>「岩井俊二による、映画音楽としてのクラシック」


■会場

SUPER DOMMUNE(渋谷PARCO 9階)

〒150-0042東京都渋谷区宇田川町15-1


■チケット

3,000円(税込、35席限定)

政府からの要請により、通常の約半分のお客様のご来場に限らせていただきます。

先行予約はコチラから↓

https://www.bakucla.com/nextevent/


また、YouTube Liveでの配信も並行して行います。

ご視聴はコチラから↓

https://www.youtube.com/user/dommune


■出演

岩井俊二(映画監督)

湯山玲子(主宰・ナビゲーター)


■新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ご来場のお客様はマスクの着用をお願いいたします。また、エントランスでの体温測定、消毒にご協力ください。

■ご来場のお客様はカメラに映る可能性がございますので、ご了承のうえご参加ください。

■会場には、クロークやロッカーはございません。手荷物は少なめでご来場の上、ご自身での管理をお願いいたします。


■本イベントはDOMMUNEからの生配信を実施いたします。

DOMMUNE YouTubeチャンネル(https://www.youtube.com/user/dommune)、もしくはDOMMUNE公式ホームページ(https://www.dommune.com)から無料にてご覧いただけます。

Twitterでの実況も大歓迎です。#爆クラ#DOMMUNEでの呟き、よろしくお願いいたします。

■生配信では、YouTubeのスーパーチャット機能による投げ銭を募っております。何卒サポートをよろしくお願いいたします。

■会場の関係などにより、開演時間が前後する可能性があります。予めご了承ください。

18回の閲覧0件のコメント

© 2021 HOU71 Co., Ltd

All rights Reserved.

​info@yuyamareiko.com

  • Facebookの - ホワイト丸
  • ツイッター - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸
  • YouTubeの - ホワイト丸