美人寿司

『女ひとり寿司』の著者、湯山玲子がひとりで高級寿司屋を覆面取材している中で、「握り手の心理、感覚を知りたい」という好奇心から生まれた、派手な振り袖姿で寿司を握る、出張寿司パフォーマンスプロジェクト。命名は故・川勝正幸で、根本敬の漫画からの引用。あえて強烈な女装をするのは、握り手のほとんどが男性で白装束の美意識のもとにある、伝統的な寿司の在り方に対してのアウトサイダー精神からである。

築地場内で旬とハシリの魚介を選び、ヅケはもとより、藁での燻製、昆布締めなどの技術を適宜に用いながら、赤酢のシャリで仕上げていく。「美人寿司の夜」を主催し、コシミハル、雅楽同友会、ノルウェーのSkáidi、ベルリンのジョニー・ラ・マラマといったアーティストとコラボしている。海外でも活動し、モスクワ(2回)、ボローニャ、ベルリン、バルセロナなど。ベルリンは、コム・デ・ギャルソンのゲリラショップのオープニングで寿司を握り、メディアの取材を受けた。2019年7月には、モスクワで開催された、『EAT FILM FESTIVAL 2019』に、招聘された。 

"Bijin Sushi” project
While Reiko Yuyama was cruising high-class sushi restaurants by herself, she came up with this sounds crazy idea such as sushi performance in furisode, the Japanese kimono with long sleeves. 

“Biking Sushi” means “ Sushi master, the Beauty.” Yuyama delivers not only sushi but also herself and her performances as “Bijin Sushi.”

By the way, Yuyama thinks Japanese kimono as fabulous restrained clothes for ladies in Japan. 

Finally, Yuyama’s idea has been fulfilled as this "Bijin Sushi” project with Japanese Sushi, kimono and hip club culture.
The experimental performance with Japanese traditional sushi menu in club based on her unique interpretation of Japanese traditional culture and gender issues.

© 2020 HOU71 Co., Ltd

All rights Reserved.

​info@yuyamareiko.com

  • Facebookの - ホワイト丸
  • ツイッター - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸