top of page

爆クラpresents「交響ラップ クラシックとラップが挑む未知の領域」開催決定!

爆クラpresents

交響ラップ クラシックとラップが挑む未知の領域



混ぜるな、危険(なのか?)

ラッパーの感性が、クラシック音楽から生きた"言葉"を生み出す現場にGO!!!

言葉を持たないクラシック音楽が、時代のセンスに従って、ラッパーたちの言葉から、新たな響きを獲得する、刺激的な音楽の現場が、『交響ラップ』です。

1970年代にニューヨークのブロンクス地区のストリートで発生した独自の音楽ジャンルであるヒップホップは、ダンス、ファッション、そして音楽産業の形態自体にも大きな影響を及ぼし、今や全世界を巻き込む大衆音楽の一大ジャンルとなりました。

その中心的存在は、ラッパーたち。彼らはトラック(後ろで鳴っている音楽)に乗せてライムという「詩」を表現していきます。つまり、音楽に合わせた「詩の朗唱」とも言え、その内容は詩作と同様、社会や個人の内面を表現。ちなみに、韻を踏むというスタイルがあるのは、どちらも同じ。

『交響ラップ』は、その名の通り「クラシックの楽曲そのままの生演奏がバックトラックとなり、ラッパーが表現する」という画期的なコンサートです。

クラシックのアーカイヴの中から曲が選び出され、曲の音響はもとより、作曲者の意図、時代性などをインプットした上でラッパーたちは、現代と切り結ぶ刺激的な「ライム/歌詞」をフロー。ベートーヴェンはシラーの詩を交響曲第九番の最終楽章に取り入り、ドビュッシーはマラルメの詩をモチーフに多くの曲を書いたことの、逆提案、とも言えるのです。

オペラ歌手がオーケストラをバックに歌うソロコンサートの歌唱部分が、ラップにすげ変わったようなスタイルを想像してみてください。ライム(詩)の世界観によっては、モノオペラのような表現が成立していくことでしょう。世界的に活躍し、オペラに定評がある指揮者の原田慶太楼が、そのタクトで二つのジャンルを切り結んでいきます。


プロデューサー/MC 湯山玲子



<日 程>

2024年7月17日(水)

19:00開演(18:15開場)



<会 場>

サントリーホール

〒107-0052 東京都港区赤坂1丁目13-1



<プログラム>

菊地成孔×林光/映画『秋津温泉』より「ラストシーン・新子の死」

志人×ベートーヴェン/交響曲第7番 イ長調 作品92 より 第2楽章

※ 曲目・曲順は変更になる場合があります。



<出 演>

菊地成孔、志人、呂布カルマ、原田慶太楼

パシフィックフィルハーモニア東京、湯山玲子 ほか



<入場料>

S席 7,000円/A席 5,500円/B席 3,500円/C席 2,500円 (税込)

全席指定/お一人様4枚まで/未就学児の入場はご遠慮ください



<チケット取り扱い>

先行抽選販売日:4月23日(火)12:00 ~ 4月30日(火)23:59


先行抽選販売日:5月9日(木)10:00


<公演に関するお問合わせ>

パシフィックフィルハーモニア東京

03-6206-7356(平日10~18時) / pacific@ppt.or.jp 



主催・制作:パシフィックフィルハーモニア東京

​企画:爆クラ/ホウ71

閲覧数:27回0件のコメント

Comments


bottom of page